足のサイズの測り方

足のサイズをご存じですか?

足のサイズは、変わります。 大人になったから、もう、サイズは変わらないということはありません。 体に変化があるように、足のサイズも変わります。
また、足の感覚には個人差がございます。オーダーメイドの靴を作っている職人さんが一番いい状態で履ける既製品を考えました。

足のサイズは朝夕でも、変化します。むくみの感じていない時間帯に測定をお勧めいたします。最近は、楽な靴が主流ですので、大きなサイズの靴を履いておられる方が多いようですが、あまり大きすぎると、足を痛める原因となりますので、お気をつけください。
確かに、指は靴の中で動く方がいいのですが、ゆるゆるとは違います。
大きすぎると足の運びが悪くなるので、足をくじく場合がございますし、姿勢も悪くなります。

足のサイズは、足長A〜B(サイズ)と足囲C〜D(ワイズ)、足幅がございます。 靴選びの、目安として、ご自分でご自分の足のサイズを知っておくことが必要です。 このページで簡単な足のサイズの測り方をご紹介しております。 ご自分のサイズの確認をしてみてください。
商品のご購入を検討しておられる方は、シリアルナンバー付で返品交換ができません。必ず、『自分の足を測ろう』で、サイズと足幅を測って頂き、ご注文お願いします。
ただし、はじめにも書きましたが、足のサイズは個人の足の感覚により異なります。感覚には、個人差がございます。数値的にピッタリのものをご用意いたしましても、お気に召さない場合もございます事を予め、ご了承ください。

自分の足を測ろう

足長の測り方

足が入る大きさの用紙を用意し、足の輪郭をなぞります。つま先の端(A)と踵の端(B)を結んだ長さを「足長」と言います。

幅の測り方

親指(C)と小指(D)のそれぞれ、出っ張ったところを結んだ長さを「幅」と言い、D、E、2Eなどを決めるポイントになります。

ワイズの測り方

メジャーを用意し、親指(C)と小指(D)の付け根の骨を確認。足裏からC・Dそれぞれの出っ張ったところにメジャーを沿わし、甲の交わるところで軽く固定し想定します。

サイズ表

アメリカ 4 ½ 5 ½ 6 ½ 7 ½ 8 ½ 9 ½ 10 ½
日本(cm) 22.5 23.5 24.5 25.5 26.5 27.5 28.5
A〜B(足長)mm 221〜227 231〜237 241〜247 251〜257 261〜267 271〜277 281〜287
C〜D(足回り)mm 〜228 〜235 〜242 〜249 〜258 〜267 〜276